• 2013/05/05/Sun 11:27:12
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:パリ編

パリ-8最終回


パリ8日目(2007年12月31日)

大晦日で最終日。
ゆっくりブランチして好きな3区あたりを満喫することに。
071231a.jpg

たしか雑誌の切り抜きで探して行った。
ビストロ風のカフェでCHEZ CAMILLE。
(クリスマスの飾りで店名が見えないが通りと看板の電話番号で検索したらすぐにわかった。)
お昼時前に入ったので最初はゆったりだったが、出る頃は満席の人気店。
071231b.jpg

手頃な値段で正統派から家庭的なフレンチが楽しめて雰囲気もよい。
ブランチだからあえてハウスで。
071231c.jpg
071231e.jpg
071231d.jpg
071231f.jpg
071231g.jpg

食後、ピカソ美術館の裏の小さな公園で一休み。
子供が卓球してるのを和やかに見てた。
071231h.jpg

かわいい指人形の専門店を発見。
071231i.jpg

赤ずきんちゃんとオオカミおばあさんをつれて帰った。
071231j.jpg

ぶらぶらしてたらもう夕方。
市庁舎前の冬だけのスケート場。
071231k.jpg

17時ごろ、ホテルに戻って荷物を受け取り、路面電車でRERの駅へ。
ちょうどいいはずなのに、なぜか妻が急ぐのだが理由を教えてくれない。
シャルル・ド・ゴール空港駅を降りるとまた爆走。
ボクは意味がわからず、くたくた。
乗り場に着くと意味判明。
前日、日本への飛行機が送れると連絡があったのだが
18時を妻は夜の8時(20時)と勘違いしてたらしい、やれやれ。
着いたのは19時くらいだったので当然、乗り遅れているはずだったが
運良くさらに2時間遅れになっていてセーフ。
気が抜けてよれよれ手荷物を引きずるボク。
071231l.jpg

トランジットで中部国際空港の優待ラウンジにて。
おつかれさん。
080101a.jpg
h_ahli
  • 2012/10/29/Mon 12:45:02
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:パリ編

パリ-7


パリ7日目(2007年12月30日)

やはりここにこなくちゃ、ということで。
昔と同じルート、Passy駅からセーヌ川を渡っ行くことに。
071230a.jpg

橋の反対側。
ほとんど露出することはないと思うが、パリにもちゃんとビル群はある。
071230b.jpg

いいね。
071230c.jpg

この通り沿いで朝食。
このためにがまんしてホテルでとらないできた。
バケットサンドとオニオンスープ。
071230d.jpg

またこの角度でみれた。
071230e.jpg

昔と同じように広場を散歩して出た。
そのせいか、ノスタルジーにかられた景色。
071230f.jpg

エッフェル塔近くのMusée du quai Branly(ケ・ブランリ美術館)へ。
当時、まだ前年にオープンしたばかりで真新しい。
071230j.jpg

非常に近代的な建物。
071230g.jpg

しかし展示物はシブくて、
アフリカ、アジア、オセアニア、南北アメリカの固有の文明・文化・芸術。
071230h.jpg

日があたらなそうな川沿いの壁には陰性植物を貼付けていた。
071230i.jpg

撮影禁止だったので観覧中の写真はない。
071230k.jpg

夕方から街ぶらした後、妻が絶対行きたいと‪言ってた
Chapel of Our Lady of the Miraculous Medal‬(奇跡のメダイユ教会)へ。
たくさんメダルを買ってたハズなのに、そういえばボクはもらってないな。
071230l.jpg

すぐ近くのLe Bon Marché(百貨店ボン・マルシェ)の通り。
071230m.jpg

この日は疲れて面倒だったので
夕食はテイクアウトできる中華店の奥ですませた。
ボクらはこの手がけっこう気に入っている。
071230o.jpg

h_ahli
  • 2012/08/12/Sun 15:07:21
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:パリ編

パリ-6


パリ6日目(2007年12月29日)

いつもながら昼食抜いてもいいくらい、朝食たっぷり。
071229a.jpg

今日も街ブラ。
駅のホームでよく楽器を演奏する人をみかけるが
首にぶらさげてるのはその許可証のようだ。
071229b.jpg

あ、電車がきた。
071229c.jpg

前日の夕方、サン・ジェルマン・デ・プレ教会あたりをぶらぶらしたが
まだまだ楽しめそうだったので今日も来た。
071229d.jpg

ためらいなく、裏道へ。
昨夜、雨が降ったみたいでしっとり。
071229e.jpg

こんな小さなブティックやお店がちょこちょこある。
妻はとても楽しそうである。
071229f.jpg

休憩、兼、午後歩きの計画。
コーヒーに空が映ってる。
071229i.jpg

見上げたら、いつの間にか晴れていた。
071229h.jpg

花屋の前にはどこでもあらかじめアレンジしたブーケや花束、小さな鉢植えを並べている。
パリの住まいにはほとんどベランダがない。
切り花や小さな鉢植えを部屋に飾って楽しむ習慣が当たり前なんだろう。
071229g.jpg

朝から晩までほんとよく歩く、ボクらの旅は。
071229j.jpg

コンランの近くだったかな。
出入り口にみたことない巨大な花が!と思ったら造花だった。
造花をモチーフにした、ちょっと変わったインテリアショップ。
071229k.jpg

今日は夕食の場所を決めずに、適当に入ってみた。
なんかキラキラ華やかだし。
071229m.jpg

ちょっとファミレスチックで料理も普通だった。
やっぱりちゃんと調べなきゃだめだな。
071229l.jpg

ホテルに戻った。
裏庭から室内プールが見え、カップルが泳いでいる。
しかしボクらはこおゆう旅だとホテルで泳いで時間をつぶすようなことはまずない。
071229n.jpg

そういえば、そろそろリゾートの旅がしたいかも。
h_ahli
  • 2012/07/16/Mon 15:57:06
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:パリ編

パリ-5


パリ5日目(2007年12月28日)

今日はホテル移動日。
4日以上滞在するときはいつも2カ所はホテルを変えてみる。
気分がかわってなかなかよいのだ。

便利なメトロはどこにでも通じてる。
071228a.jpg

ただ荷物持ちは少し辛い。
071228b.jpg

15区Porte de Versailles駅を出てまっすぐ。
Oceania Hotel。なんだかラブホっぽいが一応、4星。
071228c.jpg

部屋はなかなか豪華。
071228d.jpg
071228e.jpg

庭もきれい。ラブホはいいすぎました、すみません。
071228f.jpg

夕方から出かけて、サン・ジェルマン・デ・プレ教会あたりをうろうろ。
071228g.jpg

裏手に入るといろいろ面白い店がある。
ここは家具と雑貨のお店。
071228h.jpg

あまり見ない観葉植物とかにボクは興味津々。
071228i.jpg

大きな花屋さん。
071228j.jpg

どんな路地でもゴミや犬のフ○とかなくてホント見違えた、パリ。
071228k.jpg

今夜は生ハム専門店で食事。
パスタやリゾット類もとても美味しかった。
ただ残念ながらこの店の記録がみあたらず、店名や場所が不明。
おそらくサン・ジェルマン・デ・プレ教会あたりからセーヌ川に向かっての
どこかの通りだったと思う。
たしか1Fが販売で2Fがレストランだったから行けばすぐにわかるのだが。
071228l.jpg

ベルベット調のソファや落ち着いた雰囲気も◎。
071228m.jpg

h_ahli
  • 2012/05/16/Wed 15:20:12
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:パリ編

パリ編-4


パリ4日目(2007年12月27日)

旅は早起きにかぎる。

071227.jpg

ちょっと早く開館前に着いたがすでに長蛇の列。
今日はオルセー美術館で1日つぶすのだ。
071227a.jpg

入館には荷物検査等あり、さすがに厳しい。
もとは駅、にしては立派。
071227b.jpg

どこまでが1Fか2Fかわからないが彫刻みるだけで午前中つぶした。
071227c.jpg

内装や装飾品展示もすばらしい。
071227d.jpg

規模にしてはレストランが狭くて休憩に並んでやっと入れた。
071227e.jpg

午後から日が暮れるまで主に絵画鑑賞。
日本でギュウギュウに押されながら苦労してみた名画たちも
ここではゆったり離れたり、手に取れる近さで観たり。
写真もOKなので山ほど撮った。
後からガイド一緒にみると記憶がよみがえるから。
071227f.jpg

とっぷり日が暮れるまで楽しむ。

ホテルのある地区まで戻り、夕食に予約してたビストロへ。
071227g.jpg

やっぱり牡蠣専門店にいかなくちゃと、妻がなんか日本で雑誌から切り抜いてきた穴場らしい。
しかし穴場なのはよいが英語が通じず、牡蠣の注文が表みたいになってワケわからん…
困っていたら隣のテーブルに座った近所に住むという年配の女性がみかねて
少し英語を話せたので助けてくれた。
要は、産地を選び、その大きさ、数、食べ方を選択していけばよいとのこと。
といっても、産地ごとの特徴なんてさっぱりなので適当に2産地選び、
サイズも日本人らしく一番大きいのにしたと思う。
きっと通はサイズにもこだわるのだろう、っていうかここではそれが普通みたい。
食べ方はシンプルにレモンをしぼったり、白ワインを入れたり。
とくに牡蠣好きでないボクだが、言うまでもなくバリウマ。
071227h.jpg

他の料理もあなどれない。
牡蠣のハードルを越えたら調子にのっていろいろ注文した。
これはロブスターとロケットのサラダ。
071227i.jpg

レカイエ・デュ・ビストロって読むのかな。
懲りずにまた来たい、と思うほどすばらしい料理でした、ごちそうさま。
071227j.jpg

h_ahli
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

h_ahli

Author:h_ahli

検索フォーム
FC2カウンター